2008年03月07日

M.A. Numminen

久しぶりにオカンと出かける。よしおが聴くジャンルの音楽は、うちのオカンが聴いていたものが基本にあり、そこから自分で色んな方面を追求していった。70年ディスコを聞くようになったのはオカンが持っていたカセットテープをよく聴いていたから。その中にこの曲が入っていた。

Baccara – Yes Sir, I Can Boogie  

得体のしれんゾクゾク感があって大好きやったのやが、これがスペインなまりの英語というのは今となって理解。

ほんでやな、Youtube見てたら、こんなカバーがあったわな。


なんぢゃこりゃ。なんだこのおっさんは。この歌声、つボイノリオ師にそっくりじゃないか!このズームするだけのチープなカメラワークと意味のわからんノレン。ドイツ語っぽいけどちと違うみたい。何語だ。ひたすらチープな音色。

おしゃれや・・・

英語のウィキペディアしか分かる情報がなかったのやが、どうやらフィンランドのアングラ系アーティスト60年代から活躍していて、元々エレクトロニック、そこからジャズ、ほんでまたテクノに戻ったとな。音楽だけやなく、本も書いて、映画にも出演して、脚本もかくらしい。このレトロ感で95年モノらしい。1940年生まれだから、この時は55歳。

フィンランドの金太の大冒険、奥深いおっさんだ。


yocee at 23:58│Comments(4)TrackBack(0)clip!音楽 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ケロ   2008年03月10日 01:01
 おもろい♪
 おもろい♪
 おもろいわ〜♪

昔々の・・・
ディスコ通いが懐かしい〜
2. Posted by ACUBIC   2008年03月10日 21:33
始めまして、よしお様。
いやぁ〜、懐かしい伏見の光景を時々紹介して下さり、ありがとう。 私の実家は、玉の光さんの近くにありますので・・・。

 さてよしおさんのお母様は、お若いんですね、バカラのこの曲は、私が中3の時に、ヒットしてたよいうな記憶があります。あと、ドイツのニューハーフのシンガーもこの時期よくオンエアーされてたようなー、このバカラは今から思えば元祖ピンクレディだったのでしょうか?
3. Posted by よっし〜   2008年03月11日 22:51
>ケロさん
このフィンランドのおっさんも、
おっさん会のモデルになれそうなエエ顔やなあ。。。
4. Posted by よっし〜   2008年03月11日 22:59
>ACUBIC
はじめまして!
おおお!ご実家、お近くなんですね!
今は遠いところにお住いのようですね。

この曲、めちゃ売れてたみたいですね。
元祖ピンクレディー、そうなのかもしれませんね!
ドイツのニューハーフシンガー、思い浮かばないのですが、
ニューハーフと言えば、シルヴェスターがめちゃプリティーで大好きです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔